ビール

【ビール】おすすめの缶ビール(初心者もok)2019年

更新日:

・コクのあるおすすめの缶ビールって何?

・キレのあるビールがいいな

・ビールといったら苦味だろう

このように「おすすめのビール」といっても人によって随分と違ってきます。

好きな食べ物が違うのと同じように、好きなビールも人によって違いますし、ビールはその時の状況によって飲みたいものが変わってきます。

 

 

 

ここでは『銘柄別にビールの特徴』を紹介しますので参考にしてください。

おすすめの缶ビール

 

ビールの特徴とは

ビールの特徴は大きく3つあります。

 

1.スタイル(種類)

ビールは日本だけの飲み物ではなく世界にたくさんあります。
世界中のビールの種類は100以上もあり、世界で最も飲まれているのは「ピルスナー」になります。

 

ピルスナー

ピルスナーには3つの特徴があります。

①黄金色
②泡
③ホップの爽快な香りと苦み

外観からでもビールと分かってしまうのが①黄金の色と②泡でしょうし、このようなビールをあなたは知りませんか?

実は日本国内のほとんどがこのピルスナーのビールになります。

もしかすると多くの日本人はたった1種類のビールしか飲んでいないかもしれません。

 

2.原料

会社や銘柄が異なるとビールに使用される原料も変わってきます。

 

3.味

あなたが気になるのは3番の味でしょうか?

 

味について

気になる味については下記のように5つの項目があります。

①キレ

②コク

③苦み

④甘み

⑤酸味

この項目について5段階の点数をつけていきます。

例えば、Aというビールのキレは3、苦みは多少あるので2のように点数をつけていきます。

ただし、点数が低いからダメなビールというわけではなく、そのビールの主な特徴を把握する際に利用することができます。

 

目安

例えばカレーなどで辛いものを食べるとき、1~5などのような辛さの目安を示すものがありますが、「辛さ3」が「辛さ5」に劣っているとは限りません。

その人によって一番おいしいと感じるものは違いますよね。

 

普段よくビールを飲む方は「ビールの特徴」を参考にしつつ、違うビールに挑戦をしてみてはいかがでしょうか?新しい発見があるかもしれません。

また、ビール初心者の方や苦手な方は苦味の少なく甘みのあるビールですと飲みやすいのでおすすめです。

 

 

日本国内の主なビールのブランドと言えば下記の5社となるでしょう。

それではおすすめの缶ビールを順番に紹介しますので参考にしてみてください。

キリンビール

キリンラガービール

350ml×24本 4,867円(203円/本)
※送料無料

・スタイル(種類):ピルスナー

・原料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ

・味

キレ3
コク2
苦み4
甘み2
酸味1

ビールと言えばキリンといわれ、キリンラガービールはビール好きに多いのが特徴です。

ラベルのキリンの柄はビールの印象を多くの人に与え、ビールシェアは多いときは60%をキリンが占めるほどになっていました。

 

さて、味についてですが・・

なんといっても、このキリンラガービールは「苦み」があるのが特徴的です。
苦みがなければビールじゃないという方はキリンビールが好きな人が多い印象もあります。

また、このキリンラガービールはのどごしがすっきりするようなビールとは少し違い「のどへの刺激があるキレのビール」となっていて、苦みと刺激の相乗効果によってキリンラガーファンを虜にしているといっていいでしょう。

点数だけで判断できないのがビールの奥深さとなっており、特にこのキリンラガービールは点数だけでは感じ取ることができないビールの美味しさが詰まっているビールとなっています。

普段ビールをよく飲む方で、キリンラガービールを飲んだことがない方は飲んでみると新しい発見があるかもしれません。

 

ビール初心者

ビールをあまり飲んだことがない初心者の方やビールが苦手な方は「苦みが多いビール」なのであまりおすすめしません。

 

 

一番搾り

350ml×24本 4,698円(196円/本)
※送料無料

キリン一番搾りはamazon限定でグラス2個付で安く購入することができます。

 

新キリン一番搾り

 

キリン一番搾りは2019年にリニューアルされているので、そちらの味を試してみたい方はこちらがいいでしょう。

・スタイル(種類):ピルスナー

・原料:麦芽、ホップ

・味

キレ4
コク3
苦み2
甘み3
酸味1

キリンが作っている有名銘柄の一番搾りですが、キリンラガービールと大きく違うのは「麦芽を100%使用」していることがあげられます。

そのためキリンラガービールよりも「キレ」と「コク」が増したビールとなっていて、一番搾り製法なので、「すっきり」と「うまみ」を感じることができるビールとなっているのが特徴です。

 

一番搾り製法ってなに?

他のビールはろ過の工程で最初に出る麦汁(一番搾り)と2番目にでる麦汁(二番搾り)を混ぜて使われます。

ところが、一番搾りというビール名どおり、一番最初にでる麦汁のみで作られておりこのようなビール製法を『一番搾り製法』と呼びます。

キリンの一番搾りという商品は製法からとったビールであることが分かります。

一番搾りだけを使ったビールなので、プレミアムビールとして出してもいいくらい贅沢なビールなのですが、キリンは通常価格で販売をしているのでお得なビールといえます。

 

二番搾りにはタンニンなどを多く含むため苦味が増しますが、一番搾りのみとなっていることから苦味は抑えられフルーツ系の甘みのあるビールとなっています。

 

このような一番搾り製法によって「一番搾り」は大ヒットとなり現在でも人気の商品となっています。混ぜないことから透き通った上質な味があるのも秘訣かもしれません。

 

ビール初心者

苦味は抑えてあり甘みもあるビールなので、初心者方でも多少は飲みやすいビールとなっています。

しかし、ビールが苦手な人は甘みよりも「苦味」を一番に感じてしまう方が多いので少し難しいかもしれません。

 

 

アサヒビール

アサヒスーパードライ

350ml×24本 4,887円(204円/本)
※送料無料

朝日スーバードライはアマゾンではベストセラー1位の人気です。

東京オリンピックが当たるかも!?

 

2020年の東京オリンピック観戦チケットの応募券が付いているセットとなります。
オリンピックはどれも競争率が高くどれも当たらない方も多くいらっしゃいます。

当たる確率は少ないもののビールを購入しながら当たればラッキー程度で申し込むといいかもしれません。

・スタイル(種類):ピルスナー

・原料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ

・味

キレ5
コク1
苦み1
甘み1
酸味1

ビールの定番と言えば「アサヒスーパードライ」で、売上もNo.1となっており多くの人に飲まれているビールです。

当サイトのアンケートにおいても最も好きなビールNo.1となっています。

 

その理由としてはアサヒは日本初の缶ビールを作り、また「辛口ビール」を世に送り出したのもアサヒが初めてとなっており、多くの人に圧倒的な支持を得てきたこと等の理由によるものが多いでしょう。

味はインパクトがあり、国内で最もキレが鋭く爽快さのあるビールとなっています。

 

アサヒは他ブランドとは違う独自製法(通常、水や原材料は上から投入しますが、アサヒは空気に触れて酸化させないように釜の下からゆっくり入れる独自方法をとっています。)によって新鮮さを保っています。

また、ビールを造るためには「酵母」によって発酵させる必要がありますが、アサヒの酵母(アサヒ318号酵母という独自の酵母)は発酵能力が特に優れており、糖分をあまり残さないためキレがあるだけではなく、「クリアな味」に仕上がっています。

ただ、苦味も含めてビールが好きな人の場合、アサヒスーパードライの好き嫌いは分かれるところです。

 

ビール初心者

ビールをあまり飲んだことがない初心者の方や特にビールが苦手な方は苦味が少ないアサヒのスーパードライをおすすめします。

 

 

サッポロビール

サッポロ生ビール黒ラベル

350ml×24本 4,698円(196円/本)
※送料無料

 

・スタイル(種類):ピルスナー

・原料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ

・味

キレ4
コク2
苦み2
甘み2
酸味1

北海道という地の利を活かした素材にこだわったビールです。

ただし、土地の利便だけに終始するのではなく、麦芽・ホップの原料を「協働契約によって栽培」しています。

ビールの缶には「麦芽・ホップ協働契約栽培100%」と記載されています。

 

素材の新鮮さをより活かすために、サッポロ生ビール黒ラベルは酵素を使わず独自の麦芽(風味の劣化成分がない大麦)を使うことでコクと香りのあるビールに仕上げており、万人受けのするビールといえるでしょう。

特に「ひと口めの美味しさ」は格別であり、ビールが苦手な人で飲みづらいという人であっても「美味しい!」と感じるかもしれません。

ビールは苦手でいつも飲みづらいと感じる人でも、店に行ってビールを飲んだ際、「何このビール?美味しい!」と感じたことがあるビールはもしかするとサッポロのビールかもしれません。

 

ビール初心者

サッポロ生ビール黒ラベルはくせのないバランスのいいビールなのでどのような方でも飲みやすいでしょう。

そのためビールの苦味が特に苦手な方はおいしさ・旨さが際立つサッポロ生ビール黒ラベルは飲みやすいかしれません。

 

 

エビスブランド

サッポロ ヱビスビール

350ml×24本 4,998円(208円/本)
※送料無料

復刻版はこちら

 

ヱビスビールは復刻版も販売されており、そちらも購入することができます。
以前購入されていた方は懐かしさを思い出しながら飲むことができるでしょう。

・スタイル(種類):ドルトムンダー

ドルトムンダーってなに?

ドイツのドルトムントといえばサッカーで有名な地方ですが、そこで生まれたビールです。

ドルトムンダーは多くの人が飲むピルスナーとは違って、味は濃くのどを通り抜ける感覚が強い特徴があります。

・原料:麦芽、ホップ

・味

キレ3
コク4
苦み4
甘み3
酸味1

他のビールよりも1本20円程度高くなっていますが、普段ビールを飲む方だとこの20円は大きな差と感じるでしょう。
そのためヱビスビールは贅沢なビールとして飲む方もいらっしゃいます。

ラベルは恵比寿様が描かれているためイメージに残りやすく、色はゴールドとなっていることから高級感のあるビールとなっています。

 

これまで紹介したブランドはピルスナーでしたが、ヱビスビールは唯一のドルトムンダーといわれるスタイル(種類)のビールとなっていて、長期熟成をするため深い味わいをもっています。

そのため苦味は4となっていて高めですが、きつい苦みではなく「やさしい苦み」と厳選された麦芽100%の長期熟成によって「深いコク」を堪能することができます。

本格派ビールでありながら麦芽風味が強い特徴があるので、

・パンのような優しい味がする

・焼き上がりのパンの香りがする

このように表現される方も多くいらっしゃいます。

当サイトのアンケートでは普段飲みのビールとしては最も低くなっていましたが、飲みたいビールNo.1となっていました。

 

ビール初心者

初心者の場合は、麦芽風味や苦み度は高いので最初は他のブランドから始めてみるのがいいかもしれません。ただ、他のビールに慣れてきたら飲んでおきたいビールです。

ビール特有の強い苦みに慣れている人からすると「ビールっぽくない」と表現される方もいらっしゃるので、ビールが苦手な方でも飲みやすいビールとなっているかもしれません。

 

 

サントリー

ザ・プレミアム・モルツ

350ml×24本 5,432円(226円/本)
※送料無料

・スタイル(種類):ピルスナー

・原料:麦芽、ホップ、天然水

・味

キレ3
コク4
苦み3
甘み2
酸味1

これまで紹介したブランドはアルコールの度数は5.0%でしたが、ザ・プレミアム・モルツは5.5%となっています。

香りが強くコクのある上質なビールとなっているのが大きな特徴です。

こだわりの麦芽とホップ

麦芽については二条大麦麦芽を100%使用し、ホップは欧州産のものを100%使用しています。

製造方法としてのホップには特にこだわりがあり、ホップが持つ香りを引き出すために2度使ったり、数回に分けて使うなど手間暇をかけて作っています。

 

上記のような製法のため、ビールを口に近づけるとホップの香りを感じることができ、ビールを口に含むと「華やかな香り」を楽しむことができます。
味の点数で香りという項目があれば です。

水は天然水にこだわっており工場はその水が採れる所に作っているため、口当たりはすっきりとしていて、コクがありほんのりと甘さを感じることができるビールとなっています。

 

素材・製法にこだわりがあるため、紹介した中で最も高い値段となっています。

しかし、同じ値段で「泡立ちがよくなるサーバー」と「泡立ちが長持ちするグラス付」を販売しているので購入するなら下記がお得です。

こちらがお得

ザ・プレミアム・モルツ 『19年新型電動式神泡サーバー』&『泡持ち1.2倍グラス』付き [ 350ml×24本 ]
アマゾンのビール部門でベストセラー1位となっています。

当サイトのアンケートでは、アサヒスーパードライの次に人気のあるビールとなっています。

アマゾンでベストセラー1位になっているので人気の高いビールであることが分かります。

 

ビール初心者

香りが強く苦味もあるので初心者の方やビールが苦手な方はあまりおすすめしませんが、苦味が好きな方には特におすすめです。

 

 

おすすめの缶ビール まとめ

以上、おすすめの缶ビールを紹介しましたがいかがだったでしょうか?

ブランドが違うだけでこのようにビールの特徴は全く違うことがお分かりいただけたのではないでしょうか。

あまり飲んだことがないビールを試してみるのもいいかもしれません。

ビール初心者の方や苦手な方は飲みやすい苦味のないものだったり、甘みのあるものがいいでしょう。

 

あなたにおすすめの記事はこちら

・日本国内にあるおいしい地ビールはこちら
【初心者にもおすすめ】うまい地ビール(クラフトビール)

 

 

 

 

 

-ビール

Copyright© お酒のことなら「アルオス」 , 2019 All Rights Reserved.