ビール

【アメリカビールのおすすめは?】銘柄・種類を紹介

更新日:

①アメリカは身近な国だけど、アメリカビールってどんな種類のビールがあるの?

②アメリカビールでおすすめのビール(銘柄)を教えて!

③海外のビールはあまり飲まない・飲んだことがないけど大丈夫なの?

このような疑問をお持ちの方にお答えします。

 

日本にあるビールは全国で100種類以上ある中でたったの1種類程度です。

そのためビールが好きな人は世界に様々なビールがあるので飲んでみると新しい発見があるでしょう。

 

 

アメリカビール

アメリカっていうとお酒・ビールのイメージが湧きにくいかもしれません。

西ヨーロッパと違ってアメリカは禁酒運動が広まったためではないかと思われます。

アメリカが出来たころには質がよくないお酒が出回り、その影響もありアルコール依存症になる人が多く社会問題にまで発展しました。

そのため1920年~1931年の間は禁酒運動によってアメリカからお酒が作られなくなりました。

1932年には禁酒運動が廃止されお酒を造ることができるようになりましたが、アルコール度数は3.2%までというルールが設けられ、そのためアメリカビールは度数が低いものが多くなっています。

メモ

アメリカは広大な土地のためビールを輸送するのに大変苦労しました。

イギリス人のペインターなどによってびんビールに王冠をつけて長期保存可能と機械化に成功し、アメリカはそれを取り入れることによってアメリカではびんビールが広まったと言われています。

 

アメリカビールの種類

ビールの種類(スタイル)は上面発酵と下面発酵の2種類があり、アメリカは国が広いこともありこの両方の種類を取り扱っているので様々なビールを飲むことができます。

上面発酵はエールとも言われ飲みやすさが特徴です。

下面発酵はラガーと言われ爽快さを特徴とし、日本の多くの方が飲んでいるビールになります。

 

 

アメリカビール 上面発酵

アメリカンスタイル・ペールエール
アメリカンスタイル・IPA

→ペールエール、IPAはイギリスを中心としたビールですが、アメリカはこのイギリスビールにアメリカ産のホップと香りを加えたものとなります。

イギリスのものよりホップと苦みは多少強くなっているものの香り豊かなアメリカ独自のビールに仕上がっているのが特徴です。

インペリアル・IPA

→上記アメリカンスタイル・IPAに上面発酵にはあまりない「苦みと香り」を強くし、さらに高めの度数にしています。

そのためアメリカンスタイルで物足りない人にはなくてはならないビールとなっています。

 

アメリカビール 下面発酵

アメリカンラガー

アメリカのビールといえばライトラガーと言われるほど有名な飲み物になり、アルコール度数も低めなのでビールが苦手な人には飲みやすいビールとなっています。

香り・度数・ホップが他のものより低いので、飲みなれた人や普段濃い目のものを飲んでいる人からすると薄いと感じるかもしれません。

ただし、アメリカンラガーには「ライトラガー」以外に「アンバーラガー」といった濃いものがあり、特に人気の高いものですと「サミュエルアダムス・ボストンラガー」といったものがあります。

 

カリフォルニアコモンビール

こちらはアメリカはカリフォルニア発祥のビールで、コクがありながら上品さを感じるビールとなっています。

他のアメリカビールで物足りない人にはぜひとも飲んでおきたいビールでもあります。

 

 

アメリカビールのおすすめはこれ!

アメリカ カリフォルニア アンカースチーム

355ml×6本 2,456円

・スタイル(種類):下面発酵(カリフォルニアコモンビール)

・原料:麦芽、ホップ

・味

キレ3
コク4
苦み3
甘み3
酸味1

アメリカのクラフトビール(小規模醸造)の先駆けとなったビールです。

他のビールと違って熟成時間が短いことからビール内にガスが残っているので、栓を開けるとシューという良い音がし、飲む前に快感さを得ることができます。また、このアンカースチームはアメリカだけではなく世界的に人気となっているビールです。

 

人気の1つとしてはこのビールの特徴が現れていますが、なんといってもラガービール(下面発酵)とエールビール(上面発酵)の2つの発酵方法の長所のみをとったビールとなっています。

エールビールは飲みやすいビールでありフルーツや香り豊かなビールであるもののキレやコクは不足しています。一方、ラガービールはキレやコクはあるものの人によっては飲みづらかったり香りを楽しむと言ったものではないかもしれません。

しかし、この「アンカースチーム」はフルーツの香りとコク、キレがあるビールとなっているので、まさに2種類ある発酵方法のいいところだけを取った仕上がりになっているのです。

また、泡はきめ細かく上品さがあり、飲んだ後のふわっとした香ばしく苦みが心地よいのでビール好きにはたまらないでしょう。

 

 

初心者におすすめ?

飲みやすいエールビールの要素はありますが、苦みやビール独特のホップの香りを強く感じてしまうのでビール初心者やビールが苦手な人にはあまりおすすめしません。

海外ビール初心者の方であっても普段苦味やホップが効いたビールに慣れている人であれば美味しく飲むことができるでしょう。

 

 

アメリカのおすすめビール まとめ

以上、アメリカビールの種類やおすすめ銘柄を紹介しましたがいかがだったでしょうか?

アメリカビールはビールの大きな2種類の両方を味わうことができ、また両方のいいところをとったビールや香り豊かなビール、アルコール度数が低い飲みやすいものなど様々あります。

アメリカビールはハンバーガーや肉料理などにあっているのでそういった料理に合わせるのもいいでしょう。

 

 

あなたにおすすめの記事はこちら

海外でも日本人なら飲んでおきたいものはドイツとベルギーでしょう。

・ビール発祥のドイツのおすすめビールはこちら
【ビール】ドイツビールのおすすめ銘柄

・日本人に最も飲まれているベルギービールはこちら
※ビールの苦手な方におすすめ!
【飲みやすい!】ベルギービールのおすすめ銘柄

アメリカビールの多くはイギリスビールが発祥のものが多いのでイギリスビールを飲んでみるのもいいかもしれません。
【ビール】イギリスビールの特徴やおすすめビールを紹介

 

 

 

-ビール

Copyright© お酒のことなら「アルオス」 , 2019 All Rights Reserved.